漫画ドランカーの小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の漫画雑誌ピックアップ雑感

<<   作成日時 : 2008/04/05 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ヤングマガジン
「Y+M」
ここでおゆらが死んだらどうやって脱出するの?展開がまるで読めないんだけど。山田風太郎先生巨匠過ぎる。

「センゴク」
根本的な問題なんだけど三方ケ原に仙石秀久って参加してたのかな?いたとしても活躍してたっけ?
人の上に立つ故の孤独、大変さに耐える力。ソレを強さと呼ぶのかはわからないけど人を率いるには必要な資質。

ビッグコミックスピリッツ
「鬼龍院冴子探偵事務所」
やば、暑苦しくて意味不明で勢いで突っ走るギャグってツボに入った。

週刊少年サンデー
「ハヤテのごとく」
自らの家の執事を勤めるなんておかしくない?いやハヤテに求婚するところからしてとうにおかしくなっているか。
しかも双子って…

「結界師」
頭の中いじくるとか少年誌でどこまでやる気なんだ。でも昔はこういう子供から高い年齢まで読める漫画は結構あったよね。
正直主人公の行動より聡明なヒロインの方が気になる。

週刊少年チャンピオン
「ギャンブルフィッシュ」
策略大好き阿鼻谷。
ヤツを親類にしたら下手すりゃ一族を滅ぼしかねないんじゃ…資産家と結び付いたのも彼の計算の内かもしれないけど。

「ストライプブルー」
やっとラブ話とか両投げとか補欠から昇格とかの奇をてらった展開じゃなくて野球の駆け引きで魅せはじめたかという感じ。
内容には関係ないけどここまでキャラを少年漫画チックにかき分けられる松島先生は偉大。

「みつどもえ」
柱にある通り卑しい奴らはどっちだという話。過程もいいけどオチが秀逸だよなぁ。

「弱虫ペダル」
普段はヲタヲタ強調し過ぎて物語には中々感情移入しづらいんだけど、ギアの話辺りからの見せ方は迫力があって引き込まれた。

週刊モーニング
「誰も寝てはならぬ」
猫に囲まれる、虫にまとわり付かれる、女の子に囲まれる。このカテゴリーなら蝉が飛んできて頭や体にぶつかったことがある自分なんかは「虫に」だな、残念ながら。

「とりぱん」
作者の人は個々の鳥も見分けが付いてたのかと思ってたけど必ずしもそういう訳じゃないんだ。それでも生き物や自然に関する観察力は目を見張るものがあるし、またそれを漫画に出来る力は別だと思うからひとえに感心する。

「かぶく者」
舞台上で何が起こるのか、起こったのかを廻って焦り、戸惑い、錯綜する三者三様の思惑が面白かった。

「ジャイアントキリング」
各地でかなりの好評価なんだけど自分としては内容以前にスポーツ漫画として読みにくいんだよね、コマにトーン貼りすぎで、モブとかもごちゃごちゃしてて。あとコマ割りとかも。作者の人はG戦場ヘヴンズドアのあとがきページを見て学ぶといいんじゃないかと思う。

ヤングサンデー
「魔Qケン」
始めは野球をネタにしたギャグコメディーかと思ってたけどいつの間にか真剣な野球勝負してた。
限定された超能力を上手くやりくりして切り抜けるというアイデアは面白い。
少なくとも風水野球漫画よりは。

「ビーチスターズ」
演出がロボットアニメみたいでどうも馴染めない。ジャンプ飛びすぎだろ、砂煙上がるアタック威力ありすぎだろ、みたいな。
キャプ翼みたいトンデモスポーツ漫画と割り切れればいいんだろうけど真面目なスポ根漫画みたいだし。

ヤングジャンプ
「嘘食い」
種明かしは来週以降の楽しみにするとして、今週は腹に一物秘めた白々しい表情の応酬がよかった。

「ハチワンダイバー」
将棋して下さい。次週暴走した対戦相手は門番の婆さんに惨殺されるんじゃない?なんて無責任に言ってみる。…やっぱり将棋して下さい。

こうしてまとめて見ると自分では自覚なかったけど野球漫画好きすぎかもしれない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
#仙石久秀

仙石秀久ねw
彼は美濃出身で生年は1551もしくは1552年だったと思うから、年齢的に三方ヶ原合戦(1573年)に参加していたとしてもおかしくはない。
彼の初陣がいつだったかは分からんが、少なくとも姉川の合戦には参加して首級を挙げているという記録はあるそうなので、徒歩武者その一な感じでの「活躍」ならあったかもしれん。

ま、少なくとも漏れが知る限りにおいては仙石秀久が三方ヶ原で活躍したという話は無いが。
秀吉麾下では生え抜きの秀久ではあるが、秀吉自身が近江長浜に所領を貰うまでは大した有力武将でもないので、これ以前の時期では秀吉のマイペット以上の活躍は出来んだろう。
実際、彼の活躍がそれなりに史書に現れ始めるのは秀吉が中国攻略に取り掛かってからの筈。

因みに件の漫画は見たことが無いけど、是非頑張って戸次川合戦まで描いて欲しいものですなw
パエッタ提督
2008/04/12 23:59
 おおっと間違えた。誤字の指摘ありがとうございます、訂正しました。久秀じゃ茶釜と爆死した御仁になってしまいますね。
 秀久が超ド級の大失敗をした戸次川合戦は自分も大いに期待してます。できれば長宗我部信親や十河存保なんかにも触れて欲しいですね。
 ところで秀久のせいで将来有望な長男を失い、有望でなかったとしても結果的にお家騒動が起きたんだから秀久が長宗我部家滅亡の遠因を作ったんじゃないかと思ったり。
エイジ
2008/04/13 00:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週の漫画雑誌ピックアップ雑感 漫画ドランカーの小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる