漫画ドランカーの小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週読んだ漫画雑誌ピックアップ雑感

<<   作成日時 : 2008/06/01 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スーパージャンプ
「王様の仕立て屋」
いいようにこき使われるロドリーゴ兄さん哀れ…
さらにさらわれるように強引にアメリカに連れてこられたのに兄さんに隠れて今まで以上に影が薄いオリベはもっと哀れ。

「トクボウ」
最後の最後までアニメネタで突っ切った。スゴい。
アサクラのあっさりと割り切った態度が好き。
欧米などの海外のアニメ制作費が日本と比べものにならないってのはよく聞く話。トランスフォーマーのアニメ映画でアメリカから送られてきた制作費が使いきれなくて半分近くも返却した話とか泣けてくる。アジアはどうかしらんけど。

ヤングキング
「ブロッケンブラッド」
今回は飛ばし過ぎだろ!KGB48には吹いた。
さらにピー○ーくんを裸にガンベルト巻いてる呼ばわり。オタや芸能界や国家権力を敵に廻しかねない危険なネタ尽くし。このパロディのギリギリ感ばかりは他の追従を許さない。

シリウス
「マコちゃんのリップクリーム」
魔法のアイテム使いなのに相手の心を折って間接的に勝った(笑)
人を人とも思わないマコやザイアーたちよりも実はおしゃれ7造反組の方が人情味があるのではないか。

ヤングキングアワーズ
「水惑星年代記」
重力の弱い月で生まれ育った人は月でしか生きられないんだっけ。プラネテスとかでそう言ってた気がする。この世界では克服する方法が確立されつつあるようだけどもし地球に文明が残っているのに月で一生を終えなくちゃいけないんだとしたら悲しすぎる。
話は変わるけど世の中には遊びというか余裕というものが必要たよね。いつもどこでもピッタリきっちりだったらぎすぎすしてしょうがない。

「惑星のさみだれ」
太郎の死に直面し、それぞれの反応を見せる一同。部活の後輩が事故で死んだ時に悲しい気持ちと同時にどこか現実感が無くいまだ生きてるんじゃないかと思うような感情が交ぜになった奇妙な面持ちになったことを思い出した。死に顔が綺麗だっただけに余計にね、生きてるみたいで。あいつイイヤツだったのに…
目の前の出来事を認識するのと頭で理解して現実として受け入れられるかどうかは別問題だと思う。それでも願わくば花子には前へ進む力を取り戻してもらいたい。
今はもう失った人物と未来は交わることはなく思い出すことしかできないけれどそれだけでも意義のある間柄、人生だだったと思いたい。たとえそれが非生産的な行為かもしれなくても。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週読んだ漫画雑誌ピックアップ雑感 漫画ドランカーの小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる