漫画ドランカーの小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週読んだ漫画雑誌ピックアップ雑感

<<   作成日時 : 2009/05/16 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スピリッツ
「バンビーノ」
料理の采配はもちろんアクシデントにも負けない。以前に比べるとバンビはかなり成長しましたね。
しかし人が集まれば派閥が出来るとはいえ自己顕示欲が強そうな部下で先が大変そうだ。

「ザワさん」
おまえら…
楠本は将来大物になると思う、性的な何かで。

「とめはねっ!」
高校の選択授業で書道とってましたけど最初の30分は墨摺りの時間でした。なのに今は墨摺りマシンまであるなんて日本スゲー。

「ヴィルトゥス」
せっかくイカレ具合が面白い親父だったのに怒りのプッツンパワーであっさりやられたら面白くないな。
しかも関西弁ローマ人のオッサンまで。
なんかまとめに入ってそうで怖い。

ヤングマガジン
「喧嘩商売」
ドーピング無敵状態と切れ目のない連続技の我慢比べには息を呑んだ。

「痛車でいこう」
痛車を取材するつもりが愛車を痛車にされる不幸。伸縮性のあるプリント用シールがあるなんて世の中便利ですね。

「彼岸島」
ワーワー
ワーワー

モーニング
「ひまわりっ」
俺は「なのは」は呂布どころか劉備だとか孫権とか一国の国主レベルだと思う。一番近いのは曹操だろうか。いや黒い策謀を見ると司馬仲達とか。
あとホントに鹿児島の人は西郷隆盛の肖像画でプチ霊的な体験をするんでしょうか?

「ピアノの森」
猫が鍵盤に乗っただけでも音出るって、そりゃそうなんだけど、そのあとのセリフにあるように幾人もの演奏家がそこに如何にプラスアルファを加えるかそれぞれ苦悩してきている訳で。それはいろんな物語で幾度も語られて来たありきたりなテーマではあるんだけど、アダムスキーも雨宮もカイもそれぞれがピアノに思い悩む様子やそれにかける思いや感情を丁寧に描いてるだけに重みが違いますね。

「へうげもの」
フィクションというか想像とは言え織部焼きのあの特異な造形はそうやって生まれたんだ!といわれるとかなりの説得力。でもあの狙いすぎな感じが趣味ではないんだよなぁ。

ヤンジャン
「ハチワン」
肝心な将棋勝負の前に何無駄なところで撃沈してるんだか。

「犬のジュース屋さんZ」
ヒドイ目に遇うときは続くんだ…
雪山でピンチなはずなのにあそこまでノリツッコミを徹底する立体くんの芸人魂はもっと評価されていい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週読んだ漫画雑誌ピックアップ雑感 漫画ドランカーの小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる