漫画ドランカーの小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週読んだ漫画雑誌ピックアップ雑感

<<   作成日時 : 2009/08/30 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スーパージャンプ
「ふぐまん」
この表紙はいくらなんでもカッコ良すぎだろ!

「王様の仕立て屋」
涼しさと重厚さというともすれば二律背反しがちなテーマを颯爽と解決したのはさすがオリベ。
その解決方法が日本の素材ってのは日本の技術が凄いのもあるだろうけど地元贔屓とも取れなくもない。

ビッグコミック
「五月原課長のつぶやき」
セクハラで逆に業績が上がるってのはそれ自体がギャグだよなぁ、それが五月原課長のキモとは言え。
今回で最終回とはテンプレのだじゃれを含めて結構見てたのに寂しいな。

イブニング
「もやしもん」
家に帰って迎えてくれるのがあんなゴーレムじゃ一種のホラーだわ。

「餓狼伝」
物語的に盛り上げるためにわざと劣勢にさせられたとは理解できるんだけど、作中では実力差があるという描写にもかかわらず、思いっきり隙を突かれて本気でぶち切れてるところが笑える。

「ヌイグルメン!」
え?いまさらだけどキナコマンってきな粉纏ってスーツにしてたの?何故にきな粉…防御力も特殊な効能も何もなさそう。あ、襟足から吹き出すきな粉で相手をむせ返らせる事ができたか。しかしそれすらも自分が食らいかねない諸刃の剣だし。誰だこんなヒーロー考えたヤツは。

「オールランウンダー廻」
リーチの長い選手が懐に入られて終了って安易な展開にならなくて一安心。

「アザゼルさん。」
ああ、あの味のあるキャラがいなくならなくてよかった。しかし悪魔は悪魔で下種だけど天使も天使で大概だな。あんな性格の神様ならこの漫画の品性のなさも仕方がないように思えてくる…

「とろ鉄」
身近に牡蠣にやられた知り合いがいるけどホント何もできないらしいね。

IKKI
「ボブとゆかいな仲間たち」
マジスレするとポテトチップスの油には引火しないだろ。
それは置いといて、そもそもアメリカにも気迫が炎で現われるって表現あるんだろうか。

アフタ
「おお振り」
小学校の頃を持ち出してくるとはなんという今さら感。とは言えギクシャクしてるとプレーにも影響するのよね。

「ヒストリエ」
アレキサンドロス一見、開明的な好青年かと思いきやこんなメンヘラで大丈夫なん?

「ラブやん」
アレだけマチュピチュの娘がカズフサにぞっこんなら、ラブやんがまともに仕事するか天使長がくっ付ければ全てが丸く納まるんじゃ?そのごカズフサがマチュピチュにどんな目にあわされるかは知らんけど。

「友100」
親戚のお姉さんと夏の海とあって、けしからん一夏の思い出を想像してごめんなさい。
ところで「じゃろー」ってどこの方言なんだろうか。

「珈琲時間」
バアさんがめついというかしぶといと言うか。でも深刻な問題を理解し受け入れた上で軽快な取り留めもないやりとりをするのが凄く好き。

「アコニー」
色々と衝撃の展開!なのに最後の家族団らんに違和感を感じつつほのぼのしてしまった。

「呪街」
画は正直まだまだだと思うけどほぼ教授の解説だけで緊張感のある戦いを描いた力量に感心。
これで晴れてパートナーとしてもう一方の主人公たちと対決するのかしら。

「謎の彼女」
ミニスカ女子高生がハイキックとは…わかってる、植芝先生はホントよくわかってる。

ビッグコミックスペリオール
「人生画力対決」
嘘か真か判断しづらいけれど、ヤンサンが小学館の鬼子扱いとは知らなんだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週読んだ漫画雑誌ピックアップ雑感 漫画ドランカーの小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる