漫画ドランカーの小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週読んだ漫画雑誌ピックアップ雑感

<<   作成日時 : 2009/12/13 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イブニング
「オールラウンダー廻」
いやいや世の中にはスパッツ派というのがあってだな。

「もやしもん。」
女だけでの夜更かしお喋り会。皮膚の菌の役割が明らかになってきたのは最近とのことだけど、化粧しっ放しが肌に悪いのは昔から言われてたことじゃないのかしら。

「とろ鉄」
将来の独立を夢見る北さんにやめとけと元町工場の主。日本を支えてるのは零細や中小企業って言うけど、優秀な技術者=優秀な経営者とは限らない訳で、一国一城の主とはいえやっぱり大変なんだろうなぁ。

アザゼルさんがまさかのアニメ化とのこと。なぜアニメ化されるのか分からない。そもそもグロありゲスあり下ネタありで放映出来るの?

ビッグコミックスペリオール
「ら〜めん才遊記」
才能があるのとその人の人格は別の話。しかしこのお嬢様はもっと思っていても言ってはいけないことがあることを学んだ方がいいと思う。

「タッチアップ」
本命がこけて不釣り合いな高校が出場するなんて、甲子園にはありがちなことで、一回戦でぼろ負けしてもそこまでたたかれないと思うんだけどなー。新聞も美談調にするし。

「せかくだ」
B論尊先生も強く言えないほど好い人なC葉先生、気さくだなー。ビッグネームもそうでない人も、酒の力(あるいは素)でとりとめのないことやどうでもいいことをぐだぐだとだべる模様を楽しんで見てたから最終回は勿体ない。

「人生画力対決」
吉田戦車のシュールさに勝った局面でも負けたような感覚に陥るサイバラ先生の図。相手が悪かったとしか言えん。でもサイバラ先生の敵状観察で吉田先生の凄さを再認識したよ。

ゲッサン
「信長協奏曲」
少数での上洛が修学旅行とは。まさにその発想はなかった。

「まねこい」
あれ?主人公交代なの?いつも悶々としてていいところが作中に出てこない主人公なのでスポットライトをあてる回なのかもしれない。男と女の目線が交錯するラブコメって斬新かも。

「とある飛行士への追憶」
空戦シーンは手に汗握る緊張感。雲の切れ間から出てくる空中空母というシチュエーションは良いものだ。でもやっぱもうちょっと迫力のある絵だったらなぁ。

コミックビーム
「砂ぼうず」
せっかくの新装備で眼前のピンチを切り抜けたのに余計な真似をする依頼人。戦場とはかくも思い通りにはならないものなり。
思い通りにできた己の仕事、思い通りにならないクライアント。あれ?よくありがちなことかも。

「さよならもいわずに」
葬式は個人のためではなく残された者のためにやるという人がいたけれど、先生みたいに直後は実感がわかなくてその後の手続きを経て次第に理解していくものなのかもね。大切な人を失った事実を繰り返し徐々に味わうのはつらいかと。

「ドキドキかねひらんど」
単行本の宣伝ページには自虐的なあおり文句がならんでるけど、やりたい放題に加え他の連載作家の先生にも協力してもらえるこの立ち位置は立派なものだと思う。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週読んだ漫画雑誌ピックアップ雑感 漫画ドランカーの小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる