漫画ドランカーの小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の漫画雑誌ピックアップ雑感

<<   作成日時 : 2008/05/04 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アフタヌーン
「本当はかっこいいカラスヤサトシ」
ザリガニ以下…
それは人類としてどうなのよ?ネタだとしてもカラスヤ先生の場合本当に負けたことありそうなんだもん。

「FLIPーFLAP」
なしてこんな短期で終わるとですか?
始めはピンボール?日本人にあんまり馴染みないし題材として微妙じゃない?てな感じでピンと来なかったのにそれがこんな待ち遠しくなるなんてね。
主人公のほとばしる情熱が、人が熱中し意識が入り込む、没頭する描写が読んでる方まで熱くさせる。それは希有な才能だと思う。

「ヴィンランド・サガ」
あまりにもクヌート王子キャラ変わり過ぎじゃない?

「謎の彼女X」
相変わらず拘りがヒシヒシと伝わる扉絵がいいね。
作中のマニアックプレイも。

「ザリガニ課長」
この作者の人っておまわりさんひろし?
単行本出るくらい連載してたんだ…

「ラブやん」
長年連れ添った夫婦のように以心伝心のラブやんとカズフサ。
ここまで来て両者に恋愛感情がないのは逆に悲劇なのかもしれない。

「呪街」
ここに来てラブ展開とは…対比させるためにもう一人の主人公は仲間と決別して一人になったんでしょうか?だとしたら不憫すぎる。好みとしては他人と打ち解けず心許さずにチリチリと乾いた人間関係を見せて欲しい。
それとなんで呪術者が忍者みたいに飛び跳ねるのかがわからんのですが。

「しおんの王」
大団円だ。今まで作品を圧し包んでた名人の狂気を孕んだ重苦しい雰囲気から解放されたようなみな希望に満ちたハッピーエンド。それはそれで素晴らしい。
ところで原作者のかとりまさるが林葉直子のペンネームだと知った時は衝撃だった。いくら作品と作者は別とはいえ、ねぇ…

「エデン」
最終決戦なのにおいてけぼりなエリヤ。今までのエリヤの冒険が全て父親の前座だったとしたらあまりにも悲しい。

ヤングキングアワーズ
「惑星のさみだれ」
ギ、ギニャース!
こ、こ、この青春真っ只中野郎どもが!!
胸焼けするわ!!!

……
………語感とは裏腹にこれは水上先生に対する誉め言葉です。

ブルータス…お前もか。ひねくれていても興味のないそぶりでも夕日もラブコメ主人公としての資格を有しているんだよなぁ、なぜか悲しい。

泥人形の攻撃にタイムボカンシリーズを思い出してしまった私はオッサンですか、そうですか。
今週のや〜まば〜。
本当のヤマ場は最後なんだけどね。

しかしフラグ立てはバッチリだったとはいえ、もうちょっと何というか、手心とゆうものがあっても…

「月刊サチサチ」
ちょ、ちょっと待って。猫ミミに代わるものとしてねずミミが有りかどうか脳内会議中だから。
それはそれとして泥棒猫アニメ化しないかな。くノ一はおデコだせ!でもいいよ。

「新逆八犬伝」
重い展開も変態的な内容も負の感情が渦巻いてるのも嫌いじゃないけど、さすがに1話まるまるそれで終わるとアクが強すぎてスカッとしない。
主人公の歌は犬笛みたいなものなのかな。

「ナポレオン」
マッセナが持ってる謎の武器って石鹸を切ってたやつ?関羽の青龍偃月刀みたいに持ち武器と化してるな。ナポレオン無双が出たら是非とも登場させて欲しい。←出るわけない。

「恐怖の宴」
あれ?最終回なの?結構安定して読めてたと思ったんだけど。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週の漫画雑誌ピックアップ雑感 漫画ドランカーの小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる